ガムテープのことを真剣に考えてみると面白いです。

最近見た映画で銀色のダクトテープが出てきました。日本でいうとガムテープにあたるこの製品ですが、よく海外のアクション映画に登場します。どこの家庭にもあって荷物の梱包や壁の補修などに使われるようです。そのダクトテープの利点は、扱いやすさです。ハサミですぐ切れて、どんな素材にも貼り付けられます。プラスチック、金属、布、石、など素材を選ばず、どんどん貼り付けて固定出来る汎用性がスゴイと思いました。映画の中では割れた窓ガラスに貼って直したり、壁の穴をふさいで簡易的に気密性を保ったりします。さらに接着する量を調整できます。ダクトテープは使用する量を調整できますので、強く接着したい場合はガッチリ何本も貼り付けます。後で取り外す場合には数本のテープでとりあえず接着します。このあたりの自由度がダクトテープの便利さを表しています。私の体験では、必ず家にひとつはガムテープがあるのですが、使う時には大量に必要になります。引っ越しの梱包や工作などの時は何本もガムテが必要で結局買いに行くはめになります。ミュゼ 腕脱毛